R0005435.JPG

Business

事業内容/泉田里芋(土垂)

泉田さといもは江戸時代より「四ツ谷芋」として親しまれてきました。
しかし平成に入り、農家の減少により、生産を化学肥料に頼るようになってしまいました。
弊社は創業以前に、泉田里芋生産組合を立ち上げ泉田里芋の無農薬化、ブランド化にむけ研究を重ねてきました。
江戸時代に盛んだった里芋生産をもう一度この手で復活させようと、現在も生産に勤しんでいます。

DSC_1021.JPG

泉田さといもの特徴

泉田さといもは他の品種に比べて、
楕円形の形をしていて、食感がねっとりと柔らかいですが、煮崩れしにくく煮物の他にも様々な料理に使用することができます。
​旬は初秋の8〜9月になります。

_DSC0392.JPG

泉菜の泉田さといも

弊社が生産する泉田さといもは他の里芋よりも
食感が柔らかく口に入れるとトロける口当たりです。
弊社はこの食感を実現するために長年品種改良に取り組んでまいりました。
​長い月日をかけて出来上がった独特の食感を是非一度味わっていただきたいです。

DSC_0856.jpg

おすすめの調理法

主に、煮物での調理が主流です。
しかし、弊社のさといもは一般的な里芋に比べ粘度が高く、柔らか食感ですので、揚げ物などにしても美味しくいただくことができます。
また、山形の郷土料理である芋煮にすれば、さといもの味わいをより一層味わうことができます。

​栽培の流れ

0V8A0403.JPG

収穫

毎年夏に行います。
収穫機で獲ったあと、手作業で根を取り除いていきます。

_DSC0421.JPG

根の除去

収穫した後の里芋のヒゲ根を一つ一つ手作業で除去していきます。
​単純作業ですが、一番手間がかかっています。

_DSC0432.JPG

配送

産直からスーパーまで、幅広い取扱店に向けて配送作業を行います。

DSC_0857.JPG
アセット 2.png
泉菜 Logo.png